NEWS2016.03.23

クックビズ利用者の平均年収が全国平均を52.6万円上回る。高年収層まで活用幅広く。 「クックビズ人材紹介利用者白書」~2016年版~

飲食・フード産業特化型求人サイト「クックビズ」( http://cookbiz.jp/ )を運営するクックビズ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役CEO:藪ノ賢次)は、2015年1月1日~12月31日のウェブサイト訪問者・人材紹介サービス利用者データを元に調査し「クックビズ人材紹介利用者白書」として編集、発表いたします。

2015年、有効求人倍率は全体で1.14→1.27(+0.13)と推移する中、飲食業界は「接客・給仕」2.92→3.58(+0.66)、「飲食物調理」2.27→2.87(+0.60)と大幅に上昇(※1)いたしました。売り手市場に拍車がかかり、新規採用は厳しさを増している状況です。クックビズは「フード産業を人気業種に」をビジョンとして日々事業を行っています。本調査が飲食業界における採用活動の参考になれば幸いです。

<結果概要>

◆平均年収について
2015年1年間のクックビズ人材紹介サービス利用者の平均年収は361.2万円となり、全国平均の308.6万円(※2)よりも+52.6万円となった。また、同サービス利用者のうち年収1,000万円以上の層も一定数おり、幅広い年収層で人材紹介サービスの認知・活用が広がっていることが明らかとなった。

◆飲食業界の「やりがい」について
「飲食業界の『やりがい』」について505名にアンケートを実施したところ、1位が「お客さまからの反応がダイレクトである」17.6%、2位が「日々成長できる」12.9%、3位が「多くの人を笑顔にできる」11.3%と、飲食業界ならではの「やりがい」を実感している利用者が多いことが分かった。

◆普段の情報源について
「普段の情報源」について418名にアンケートを実施したところ、1位が「スマホ」24.6%、2位が「パソコン」16.0%、3位が「上司」12.7%となった。忙しい中で、スマホを中心に情報収集を進めていることが浮き彫りに。サイト利用者としても、2014年から2015年のスマホ経由の訪問者が、206%の伸びとなっており、転職活動中の飲食人材がスマホを積極利用していることが明らかになった。

※1:※2015年1月と12月の比較。厚生労働省「一般職業紹介状況」季節変動値(パート含む)
※2:厚生労働省 平成27年度賃金構造基本統計調査より(区分:調理師・調理師見習・給仕従事者における、決まって支給する現金給与額の12ヶ月分に年間賞与その他特別給与額を足した金額の平均)

「クックビズ人材紹介利用者白書」全調査結果はウェブサイトで公開中
https://cookbiz.jp/manager/service/download/

■会社概要
[会社名]クックビズ株式会社
[代表者]代表取締役CEO 藪ノ賢次
[設立] 2007年12月
[所在地]大阪市北区芝田 2-7-18 オーエックス梅田ビル 新館6階
[事業内容]飲食・フード産業に特化した以下事業
・人材紹介事業
・求人広告事業
・農産物産直流通支援事業 等

■本件に関するお問合せ先
クックビズ株式会社 営業企画室 岡本洋輔
TEL:06-6374-9912
FAX:06-6131-6470
E-mail:pr@cookbiz.jp

飲食店・企業採用担当者様

飲食店・企業採用担当者様